人気キャバ嬢は毎日どうやって過ごしてる?1日に密着

キャバ嬢は日中どんなことをして過ごしているか気になりませんか?

日中の過ごし方に、指名が取れる秘訣や美の秘密が隠されているかも!

キャバクラで働く3人のキャストの1日に密着してみました!

大学生キャバ嬢・Aさんの場合

都内で働く大学3年生のキャバ嬢・Aさんは、キャバクラで稼いだお金で大学の学費を払っているそう!

どんなに眠くても、学費を無駄にしないために頑張って大学に通っています。

起床後、すっぴんで大学へ

キャバ嬢といえど、大学には毎日ちゃんと行ってます!(笑)

朝起きたらまずお客さんにおはようLINEして、すっぴん&ダル着で学校へ。

眠すぎてメイクする時間すら惜しいです。

一応授業の前日はあまり飲みすぎないようにしていますが、ちょっとお酒が残ってしまうことも。たくさんお水を飲んでごまかします。

朝起きられないので、なるべく1限の授業は取らないようにしています。

昼はひとりで学食ランチ

学生キャバ嬢あるあるかもしれませんが、常に自分ファーストで行動しているので、一緒に行動する友達がいません。(笑)

ランチも授業も1人です。

寝坊しても気楽だし、すっぴんでいいし、なにより他人と無駄に話さなくて済むのでいいことだらけです。

だいたい学食で軽くランチを済ませます。

昼休みにもお客さんとLINEやメールをしているから、あまり休めてはいないかも。

帰宅してばっちりメイク、夜ご飯&出勤

同伴の予定がある日は、学校が終わったら帰宅して、メイクと着替えをします。

学校が早く終わった日は、夕方のうちにちょっと寝ておきます。

メイクと着替えが済んだら、20時〜21時くらいにはお客さんと合流して夕飯を食べます。

その後同伴でお店に出勤。

「疲れているだろうから店前(※店前同伴でいいよ〜」なんてお客さんの方が気を使ってくれることもあるので、とても助かっています。

同伴の予定がない日は、軽く寝たり学校の課題をしたりして、出勤までの時間を有効活用しています。

結構忙しいけど、ルーティン化しているので慣れました!

ライター

大学生キャバ嬢の1日はとってもハードですね!

学業とキャバの両立はなかなか大変ですが、この日々を乗り越えられたら、この先の人生なんでもできちゃう気がします。

副業キャバ嬢・Bさんの場合

昼間はOLとして、夜はキャバ嬢として働くBさん。

本業の足を引っ張らない程度に、のんびりバイトしているそうです。

OLの給料では足りず…キャバで働いて貯金したい!

高校卒業後、都内の金融系の会社で事務員として働いています。

OLとして働くのは楽しいのですが、給料が安くて貯金ができないのでキャバクラでバイトを始めました。

週に2〜3回の出勤でゆるく働かせてもらっています。

本業に支障が出ない程度に、金土は必ず出勤、ほかの曜日は出れたら出る感じで、お客さんには出勤日にあわせて来てもらっています。

身バレを防ぐために、自宅と職場からはちょっと離れたところで働いています。

アフターしない主義

本業に影響が出たら困るのと、そもそも肌のために夜更かししたくないタイプなので(笑)、アフターにはほぼ行きません。

お客さんには昼間働いていることを話しているからか、そもそもあまりアフターに誘われないかも?

もしアフターに誘われても、「明日朝から仕事だから〜」と言ってかわしています。

普通に休みなんですけどね。

ゆるく働けるお店がオススメ

副業としてキャバ嬢をするのなら、歌舞伎町や池袋、六本木などは避けて、ちょっと小さい街で働くのがオススメです。

小さい街のお店だと、ノルマがなかったり、「女の子が足りないからとりあえず出勤してくれればいい!」という考えのお店が多いかも。

あらかじめ店長や担当黒服に昼の仕事のことを話しておけば、ある程度融通を聞かせてくれます。

「ヘルプで活躍する」「出勤日は必ずお客さんを呼ぶ」「場内指名を取れるように頑張る」というふうに、ある程度目標を決めて働くのがいいと思いますよ。

ライター

OLとキャバ嬢、二足のわらじは大変かと思いきや、「副業しやすい店」を選んで働いているBさん。

ゆるく賢く働くスタイルも素敵ですね!

キャバ嬢ひとすじ!Cさんの場合

都内の有名店で働くCさん。

18歳からキャバクラで働き始め、現在25歳。

キャバ嬢としてはベテランの域に入りつつあるCさんの1日は?

毎日出勤&毎日同伴!

キャバ嬢として売れるためには、まずは「毎日出勤」!これに尽きると思います。

せっかくお客さんが来てくれたのにその場にいないなんて一番もったいない!

そして毎日とにかくフリーについて、たくさんの人と話し、連絡先を交換する。

これがキャバクラの基本だと思っています。

私は毎日出勤して、毎日同伴してもらって、お茶(※指名客が誰も来ないこと)の日は絶対にないようにしています。

毎日同伴で美味しいものを食べすぎて太るので、基本は夜のみの1日1食です。

お客さんの出勤時間帯に起きて必ず連絡

毎日1時にお店が終わって、帰宅してお風呂に入って寝るのは3〜4時くらい。

できれば昼の12時くらいまでぶっ通しで寝たいですが、7時くらいに起きて一旦おはようLINEを送ります。

連絡がひと段落したら二度寝して、13時〜14時には起床します。

その後は何も予定がなければ美容皮膚科に行ってケアをしたり、友人とご飯を食べに行ったり。

タバコやお酒で肌が荒れやすいのでこまめに肌ケアをするようにして、むくみが気になるときはエステやマッサージに行きます。

ヘアメでスイッチを切り替える

20時頃にヘアメに行って、お客さんとご飯を食べて、22時までには出勤します。

私の場合、ヘアメをするとキャバ嬢スイッチが入って明るく元気になります。

髪がボサボサだとやる気出ないですしね。(笑)

ヘアメは巻きおろしにすることが多いですが、たまにアップにするとお客さんが喜ぶので、その辺りは緩急をつけて工夫しています。

髪型一つでお客さんが喜んでくれるので、なんか面白いですよね。

出勤後は、お酒を飲み始めたらあっという間に時間が過ぎてしまいます。

自分が楽しんでいれば自然とお客さんも楽しくなると思うので、「まずは自分が楽しむ」をモットーにしています!

ライター

お酒を飲んで体を酷使する仕事で、毎日出勤するのはとても大変なことですね。

専業キャバ嬢は昼間ずっと寝ている?と思いきや、お客さんに連絡したり、肌のケアや美容の時間を作ったりと、昼間も大忙しなCさんでした。

まとめ

いかがでしたか?

今回は3人のキャバ嬢の昼間の生活に密着してみました!

大学生、副業OL、ベテランキャバ嬢・・・

働くスタイルによって生活リズムが全然違いますね。

ぜひ参考にしてみてください!