【ナンバーワンホストから知る】ホストが彼女にしたい!と思う女の子とは?

「女扱いがうまいホストたち。ホストが彼氏だったら、疲れきった体と心を日々癒してくれそう!」ホストに興味がある子もない子も、ホストが本命彼女にしたい女の子ってどんな子なの?と思ったことがあるかもしれません。派手なギャル系?堅実な昼職系?やっぱり経済力?そもそもホストの彼女は本当に幸せなの?そんな疑問を大阪のキタとミナミの某店ナンバーワンホスト2人に直撃インタビュー。匿名を条件に、本音をぶっちゃけてもらいました。

ナンバーワンホスト紹介

今回話しを伺ったのは、大阪のキタとミナミそれぞれのホストクラブナンバーワンのお二人です。

大阪キタ某店ナンバーワン

遅咲きのデビューの36歳。ホスト歴3年。足で稼ぐ営業の努力が実り、ナンバーワンの座を獲得。しかし安定した1位にはほど遠く、常にナンバー2からの追随に戦々恐々。余裕のなさは否めない。

大阪ミナミ某店ナンバーワン

店を牽引する幹部33歳。ホスト歴8年。インパクトある出で立ちと、無邪気に笑いをとる絶妙なセンス。過去にナンバーワンとして君臨していた。現在もトップクラスプレイヤー兼人材育成に携わる。

彼女にしたいのはホストの職業に理解のある子

ズバリ聞かせてください。建前なしで、本命彼女にしたい女の子ってどんな子?

嫉妬しない子。

他の卓に移動するとき「もう行っちゃうの?(怒)」「どの席?どんな子?」と嫉妬の言葉をかけられるとキツイ。

ホストの仕事に理解がある子。

他のお客様を優先させなければいけないことがたくさんある。
恋愛が仕事の足をひっぱることになるなら、いまの自分に彼女は必要ない。

では、お互い仕事の理解をしやすい夜職の女の子が最適?

実は営業時間帯が重なることもあって、夜職のお客様よりOLや看護師、保育士など昼の子が多いんです。
お店の営業時間以外は、新規客獲得の営業活動で忙しいから、夜の子との出会いは案外少ないよ。

たしかにそういう傾向はあるかも?

でも結局女の子による。
夜の子でも自分を優先してほしいと思う子は多いし、昼の子でも「仕事やろ、頑張っておいで」と言ってくれる子はいる。

2人きりのときポロッと「実は寂しかってん」とこぼすのはかわいいと思う。

お金を落としてくれる子じゃないと彼女にはなれない?

お金落とすかどうかは関係ない。

やっぱり「自分にここまでしてくれるんだ」と思うと情が湧くし、それがきっかけで好きになることはある。

お客様を好きになったらどうする?

普通にデートに誘う。

好きになったら好きという気持ちを伝える。恋愛感情のない子には「夢があっていまはホストの仕事を頑張る時期だから、店でしか会えない」とハッキリ言います。

告白する。

でも、告白しても信用されにくい。
「どうせ営業でしょ」とか、「みんなに言ってるんでしょ」と相手にされないから、なかなか恋愛は実らない。
彼女がほしいんだけど難しいなぁ。

彼女がほしいのにできない?!それは理想が高いんじゃないでしょうか?

好みのタイプは人それぞれで、一概には言えないけど。理想が高いということはない。
でもいいなと思ってもたいがいそれで終わる……。

だれか紹介して(笑)

自分から人を好きになることは少ないけれど、理想が高いわけではないですよ。

だれか紹介して(笑)

ホストが彼女にしたくなる女性はなんといってもホストの仕事に理解があり、嫉妬や束縛をしない安心できる子だとわかりました。

いくらきれいでかわいくだれもがうらやむような女性でも、仕事の足かせになるようなわがままタイプだと、ナンバーワンホストの彼女の座は難しいようです。

筆者のイメージでは、色恋営業で女性客にうそやだましをしても売上をあげるのがナンバーワンホストだと思っていました。実際は、ホストのトラブルが法に問われるケースも増えた昨今、詐欺や金銭トラブルの回避対策はしっかりしている印象です。お客様からの信頼、売上のために安易な策に走らず真摯に仕事に向き合う姿勢も、ナンバーワンホストの証しなのかもしれません。

承認欲求なのか愛なのか

そもそも嫉妬って、他のお客様に目がいって他の女性と比べたり、他の人の言葉に惑わされたりするから生まれるものでしょ?
本当にそのホストが好きなら、他の女性の存在どうでもよくない?
他の女性を意識している時点で、男に本気だとは思えないかも。

周りに影響されやすい子は、彼女にしたいと思えないし。

なるほど。好きな男の彼女になりたいというより、周囲からも彼女として認められたい、または彼氏がナンバーワンホストで周りに羨ましがられたいという承認欲求の強い女性だと厳しいでしょうね。

そうです。彼女が考えるのはライバル女性のことではない。目の前の男。

そうすると、おのずとその男がどうしてほしいかわかってくると思う。男のしてほしくないことをせず、してほしいと思うことをしてくれる子は本当に大切にしたいと心から思います。そんな子はなかなかいてないんですけどね。

愛されたい、癒やされたいという自分の欲求より、ホストの彼氏を信じて愛していけるかが大切なのですね。

なかなか信用されない職業だから。
実は俺らも寂しいんですよ(笑)

寂しい者同士じゃ奪い合いになっちゃいますもんね。人から「あなた色カノだよ」と言われて、彼氏が信じられなくなり動揺して、相手に感情をぶつけてしまうようでは難しいですね。何があっても何を言われても気にならない余裕、彼氏を信じて愛し続ける愛し能力の高い子がポイントかな。難易度高い~。

普通そんな男いやですよね?だから俺らにとっても恋愛は難易度高い~。

だれか紹介して(笑)

ホストは何かと信用されにくい職業。その分彼らも、悲しい思いを多く経験してきたのではないかと思いました。だからこそホストも、本当はだれかから揺るぎなく信用されたいのかもしれません。しかし実際はホストに裏切られ深く傷つく女性が多いもの。自分を守るためにも、ホストを信用できないのは仕方がないかもしれません。ただ、ホストすべてが信用できない相手ではないのも確かです。ホストとして見るのではなく、一個人としてどうなのか、人を見る目を養いたいものですね。

彼女にしたいのはホストの彼女である覚悟を持てる子

日々の接客、頭を抱えるお金の推移。夜職の女性は、気を使い頭を使い、日常的に疲れています。癒やしてほしい!愛されたい!と思うのは当たり前のことでしょう。しかし、ホストもまた同じようにさまざまなプレッシャーを抱えて生きています。彼らが彼女にしたいのは、ホストの仕事を理解し、ホストの彼女としての自覚を持てる子でした。理解はし合えても、それを相手の立場になって行動に移せるかは別問題。ホストの彼氏ができて、自分は本当に幸せなのか?と考えることが大切なのかもしれません。

しかしナンバーワンホストたちも実は恋愛したくてもできない状況なのは意外でした。ホストの彼女になれるチャンスはあります。あなたの思いやりや気配りが、彼らのハートに火をつけるかもしれません!