ホストから学ぶ締め日対策!焦りをのぞかせるのはキャバ嬢よりホストだった?

キャバ嬢の皆様においても、締め日間近になると何かと穏やかではいられないことだと思います。

当月のお給料やランキング、ノルマ不達の罰金などすべてが決まるのが締め日。

どうやってお客様を呼ぶか、どうすれば売上があげるかと頭を抱え、ほかの嬢と差をつける方法を模索するのではないでしょうか?

そこで、ホストたちはいったいどのような手段でお客様を来店につなげるのかを検証してみました。

正直、お客の様立場では締め日など関係ありません。

むしろ夜職同様、月末にかけて忙しくなるお客様が多いものです。

そんなお客様の事情に寄り添った営業ができるホストとは?トップホストとランク外ホストの違いとは?

キャバ嬢の皆様の参考になれば幸いです。

お店の合同イベントに一緒に行こうと誘う

月末にかけてイベントを組むお店も多いのではないでしょうか。

「イベントがあるから来てね」だと、あまりにもひねりがない。お客様も「営業メール来たな」と、むしろ鬱陶しく思うことも。

よっぽどお得感がない限り、お客様の心は動きにくいかと思います。

グループ展開をしているホストクラブだと、合同イベントを組む場合があります。

今日は◯◯店で合同営業にです!一緒に行かないですか?

残念!W-terraceの納期が近いから忙しいねん。
でも、そんな体験したことないから、ぜひ今度誘って!

次の合同営業は決まってないけど、決まり次第教えますね。

筆者は同伴もしたことないうえ、ホストくんと一緒に合同イベントに行く体験もないため、どんなものだろうと興味がわきました。

このように未経験でかつおもしろそうなことを提案されると、やってみたいなと思いやすくなります。

また、人気のホストくんであれば、大きなイベントに一緒に行くことをステータスだと感じるお客様もいるはずです。

さらに、次回開催が未定ということから、定期イベントでないレア感があります。

このチャンスを逃したら、次いつになるかわからないと考えると、無理をしてでも行きたいと思う場合も

このように、突発的にレアなイベントを組むことは効果的です。

「お店に来て」や「同伴して」と言うよりも「一緒に行こう」の方が、お客様の心理的距離感を縮めることが期待できます。

さすが幹部ホスト。お客様にさまざまな特別感を与えることで、来店につながる確率がぐっとあがるでしょう。

人気ホストは月末多忙で逆に連絡が減る?

今月こそはナンバー1を取りたい人気ホストくん。

気合たっぷりの宣言や華々しいシャンパンタワーにボトルの数々をInstagramでアップしています。

月末にかけてその勢いは加速している様子。

それまではほぼ毎日のようにLINEが来ていましたが、多忙さとともに筆者へのLINEも4日ほど途絶えました。

高額を使ってくれるお客様方への連絡やフォローなどで大忙しと推測します。

そして、4日後に突如として送られてきたLINEは

◯◯店で出費しちゃったから、今月はもう飲めなさそうかい?涙マーク

と来店確認のみのシンプルなLINE。

実は4日前、他店で思うより出費がかさんで、今月中にお店に行くのは厳しいことを伝えていたのです。

つまり、来店の脈が薄い筆者には営業LINEの優先順位が下がったと考えられます。

限りある時間を効率的に使うのは、まさしく売れっ子の証しでしょう。

しかし、そういったホスト側の事情が垣間見えると、冷めていくお客様も少なくないはず。

今月、いつもに増して気合がこもっているのは十分理解できるものの、ここはいつもと変わりなく、何気ないLINEを継続していたほうがよかったかもしれません。

というのも、来月も再来月もランキング争いは続くからです。

焦ると目先の目標にとらわれて、冷静な判断や行動ができなくなるのは、人気ホストでも同じのようです。

ランキングなど関係なくただ楽しみたい顧客の立場からすれば、なんとも惜しいと思える出来事でした。

一般的ホストはすがりつく

役職もなくナンバーにも入っていない一般的なホストくん。

今月はイベントの日、彼の顔を立てるために顔を出してシャンパンを入れた筆者です。

ハロウィンあけといてな!仮装パーティーしよ。

もうすでに予定が入ってて、無理だわ。

今月どっか来られへんかな?涙マーク

今月もう予算オーバー。多分行けない。

そうかそうか涙マーク。わかったよー!!

強引にイベントの予定を入れようと必死なうえ、無理なら無理でどの日かに来店してとストレートにすがる、まさしく一般的ホストの対応です。

仲良い間柄だからストレートに言えるのだなと思える反面、ホスト都合のみでの会話はやはりテンションが下がります。

優しいお客様なら、無理しても助けに行こうと思うかもしれません。

しかし、お客様に気を使わせるのでなく、気を使うのがキャスト

締め日で焦っても、そこは忘れずにいてほしいものですね。

締め日前に一斉LINE

LINEの相性が悪いのか、なかなかLINEが続かないホストくん。

日常的ななにげない話題はほぼなく、業務連絡のみです。

いつ空いてますかー!?

行けるのがわかるの、いつも急やねん。
また行けそうなときこちらから連絡するね。

16日経過して、締め日直前に

元気ですかー?

元気だけど、今仕事忙しくてお店には行けないよ。
私もそうだけど、ホストさんも月末は大変だよね。

お互いがんばろぉ!

もはや営業LINEであることすらも隠すことがない潔さです。

この営業LINEでお店に行こうと思うお客様はかなり少ないでしょう。

キャバクラに行く男性に聞いてみた

月末になると、キャバ嬢さんたちから「お店来て」ってLINEくる?

えー?そんなLINEきたことないなぁ。お店には関係ない普通のLINEばかりだよ。

月末に急にLINE増えるとかはないの?

ないなぁ。
女の子たちみんな、こちらが返信しなくても毎日LINEくれる。
だから月末だろうが月初だろうが増えたり減ったりってないよ。

お店にはよく行くの?

ふと時間があいて暇なときに軽く飲みに行くくらい。
どこに飲みに行こうかなと思ったとき、やっぱりLINEくれてるから顔だそうってなるよね。
こっちはなかなか返信できないけど、LINEきたらきたで楽しみやねん。

さすがキャバ嬢さん!

まとめ

締め日にいかにしてお客様を来店につなげるかは、飲食を伴う接客業の課題のひとつ。

お店が開催するレアなイベントを利用すると誘いやすくなるかもしれません。

ただ、来店してほしい気持ちが前面に出ないよう注意が必要です。

・自分にメリットがあるより、まずお客様にメリットがあること

・お客様にあなたは特別な存在だと伝わること

・日頃からこまめにLINEでのコミュニケーションをとろうとしている姿勢を見せること

・細客であれ、お客様に手を抜かれていると思われないこと

がポイントのようです。

しかし、キャバ嬢さんたちには釈迦に説法でした。

キャバ嬢の皆様の、日々の努力はきっと結ばれると信じていますよ!