元中卒ホストのシャンパン会社社長に聞く!【ナイトワーカーのセカンドキャリアとは】後編

夜の世界は学歴など関係なく、頑張ったら頑張っただけ結果を出せる世界だと言われてきました。

元中卒ホストで代表取締役の座を手にしたあと、日本で3店舗しかないアルマンドの代理店会社社長に上り詰めた株式会社skyy社長。どれだけのご苦労があったかと思いきや「ない」と断言!

後編もそんな社長のお話から、セカンドキャリア成功の極意をひも解いていきます。

元中卒ホストのシャンパン会社社長に聞く!【ナイトワーカーのセカンドキャリアとは】前編

関連記事:【おろしてほしいお酒No.1アルマンド】シャンパン会社の社長に直撃取材!~前編~

    【おろしてほしいお酒No.1アルマンド】シャンパン会社の社長に直撃取材!~後編~

【株式会社sky社長】中卒で現場の仕事に就いたのち18歳でホストデビュー。グループの代表取締役社長となり30歳で引退。その後BARを経営し36歳でシャンパン卸業アルマンド正規代理店「株式会社sky」の経営者となり現在に至る。

本記事は2021/11のインタビューをもとに作成し2022.8に公開したものです。

夜の世界に特化したシャンパンを届けたい

ライター

今まで苦労はなかったとおっしゃる社長。多くの感謝の言葉が自然に出ているのが興味深いところでした。

ところで、自社製品となるシャンパンはどういったものになるんでしょうか?

sky社長

夜の世界に特化した商品を出す予定です

夜型生活で毎日の飲酒が仕事のナイトワーカーは、特に体調管理が大切なので体によいを売りにしたシャンパンにしたいですね。

こういった付加価値をもったシャンパンを世に送り出していきたいと思っています。

ライター

体に気を使うナイトワーカーに有名なシャンパンといえば、糖質オフで広まったSOUMEIでしょうか。

体型維持に頭を悩ませていたキャバ嬢たちにとっては救世主のようなものですよね!わたしですらSOUMEIは知っていますし気になります。

北新地の有名キャバ嬢さんが流行らせましたね。

SNSで商品を拡散する

sky社長

今はSNSをバズらせて商品を売る時代ですね。発信力を持った人がプロモーションする。弊社もハニートラップをリリースした際にSNSに力を入れました。

SNSでバズらせたかったので、 有名キャバ嬢とかホストとかにハニートラップを持たせました。そのおかげで最初は売れ行きも好調だったんです。

sky社長

SNSは視覚に訴えることが大切なので、今はシャンパンも見た目重視でしょう?ハニートラップは22Kの金粉が特徴的で、下からスマホでライトをあてると金粉がきれいに光って映えるんですよ。

sky社長

スマホのライトを下から当ててみますね。

sky社長

シャンパンもはやりものなので、売れる落ちるの波があります。

数年前にはやっていたシャンパンが見向きもされなくなり、昔はやっていたものがまたリバイバルするのはよくあることです。

今はお金かかってそうに見える魅せ方が大事なのではないでしょうかね。そのためにはSNSでの魅せ方がうまい発信力のある人たちに、いかに協力してもらえるかだと思います。

ライター

協力してくれるホストさんやキャバ嬢さんが多いのは、ホスト時代からの社長の人徳でしょう。

sky社長

確かにこの仕事は、他の人がやりたくてもできないことだと思っています。コネやつながりがなければ難しい。

僕は某グループの元代表取締役社長でしたが、 今の代表取締役社長が新人の頃から面倒みてきました。だから彼らは僕の頼みとあらば、ひと肌もふた肌も脱いでくれます。

ホスト時代、ずっと仲間を大切にしてきたからこそ多くの協力者に恵まれているのだと思っています。後輩たちにも仲間を大切にするようにと伝えていますよ。

ライター

SNSで成功するにはテクニックやオンライン上でのつながりだと思っていましたが、オンライン・オフライン関わらず人を大切にすることが基本なのでしょうね。

心から感謝ができる仕事をしたかった

sky社長

SNSに力をいれた理由には、じつは経緯があったんです。

ハニートラップは自分たちのオリジナル商品だったので自分でしか売り込みができませんでした。

ハニートラップをおいてくださいと、東京や大阪各地のお店をまわり頭を下げてきました。

自社商品を置いてもらったなら、お返しをしなければなりません。最初は花束を贈っていたけど取引先の店舗さまからは「そんなんちゃうねん」と笑
なので置いてくださった各店舗に飲みに行くのですが、行ったら必ずシャンパンをおろさないといけなくて。100社だったら100本シャンパンおろしに行っていたので、結局マイナスになりました。

お酒が飲めないからきつかったですし、感謝の気持ちでお返しをするはずが、逆に店舗回りが苦痛になってしまいました。

そういう意味では、このお礼回りは苦労だったかもしれません。

ライター

それはお辛そう。だからSNSでプロモーションの展開を取り入れたのですね。

プロモーションを見たホストクラブやキャバクラの店舗さんが酒屋さんに発注する形になりますものね。

sky社長

そうなんです。酒屋さんから発注が来るようになり、飲みに行かずにすむようになりました笑

店舗回りをしていた頃は、巡っていた東京や大阪の店舗さまだけでしたが、SNSで拡散されると広島から鹿児島とかいろんなとこから注文がくるようになりました。

お礼まわりをしていた頃は、自社商品を置いてくれてありがとうって感謝したいのに感謝できなくなったのがいやだった。

そう僕はいつだって感謝できることがやりたかったのだと思います。

ライター

感謝される仕事がしたいという話はよく聞きますが、社長の場合はご自身が感謝できる仕事をしたかったのですね。

成功の秘訣は努力というより運?!

ライター

社長はとても運を持っている方だとお見受けしました。成功者はたいがいそうですよね。

sky社長

はい、僕は運がいいと思っています。お酒飲めないのに飲みまわらないといけなかったこと以外、苦労も特段ないしがむしゃらに努力してきた感覚はないんです。

ライター

努力した感覚がない?

sky社長

おもんないことはやりたくないから、常におもしろいことをしているだけです。人と関わるのが好きですから、しょうちゅう人と会っている気はします。人といるとアイデアが生まれます。僕自身は外にいた方が運は動くと思っているんです。

けれど、話をしていて気づきました。たしかに苦労を苦労と捉えていないのかもしれないですね。

ライター

常におもしろいことをしているって、聞いているだけでなんだかワクワクします。そして社長は判断力もおありですよね?

sky社長

とどまるより走っていたい。走っている方が楽しいじゃないですか?そして走るなら決めた方が走りやすい。だから必然的に判断力もあるように見えるのかもしれませんね。

ライター

とどまらないとは、悩まない・迷わないことでしょうか?

売れなかったらどうしようなどと考えることはなかったのですか?

sky社長

売れるとしか思わなかった。とりあえず200本売ってあとはそのときどうしようか考えようって。

困ったことが起きても落ち込むことはなくて、じゃあどうしたらいい?どうしたら楽にスムーズにうまくいく?をいつも考えてました。そんなことを考えている時間は、僕にとってはおもしろい時間なんです。

そうすると、業務委託をしている配送業者も仕事が増える結果となってWin-Winになりましたからやっていて楽しいですね。

ライター

考えるよりまず行動なんですね!
最後にハニートラップについて宣伝してください。

sky社長

今まではホストクラブやキャバクラの店舗さま対象でハニートラップの取り扱いをしていましたが、一般のお客様向けにインターネット販売での取り扱いもはじめました。

W-Terraceのこの記事を読んでくださったキャバ嬢さんやホストさんに、読者特典をご提供します。こちらの公式LINEを登録して「記事を見ました」とお問い合わせくださいね。

まとめ

夜の世界は頑張ったら頑張っただけ結果がでる世界と言われ、我慢や忍耐の多い仕事だと認識されていました。しかし株式会社sky社の社長のお話をうかがうと、その概念も覆りました。

「常に感謝をしている」「常におもしろがる」「常に行動している」「常に決めるのが早い」「常にできると信じる」「落ち込むよりどうすればいいかを常に優先する」といった思考が印象的でした。

学歴は関係ない。成功者マインドがあれば、ナイトワーカーのセカンドキャリアは明るいというお手本を見せていただいた気がします。

さあ、わたしたちも明るい未来に向けて夢と想いを描いていきましょう。